logo
twitter about advanced search
manga_cover/jp/Jagaaanjp.jpg
ジャガーン
Alternative Titles
Jagaaaaaan,Jagan,ジャガーン,じゃがーん
Genres Author Artist
Release
Status
主人公・蛇ヶ崎晋太郎は、東京都舞羽市の交番に務める警察官。平凡で予測可能な人生をつまらないと感じながらも、事なかれ主義を貫き、日々をのらりくらりと過ごしていた。ある日、酔っぱらいの対応で電車に乗った際、部下に大声で説教する迷惑なエリート会社員に遭遇する。本心を隠し、あくまで物腰柔らかく注意する蛇ヶ崎だったが、エリート会社員は聞き入れず、説教はますます加熱する。やがてエリート会社員の顔は変形していき、醜悪で恐ろしい姿の化物になった。変形した唇から伸びる長い舌で部下を切り裂き、乗車客を次々と殺していくエリート会社員。蛇ヶ崎は、拳銃で射殺しようと銃口を向けるが、舌で人差し指と中指を切り落とされてしまう。死を覚悟する蛇ヶ崎だったが、右手がいつのまにか銃のような形状に変化。指先から巨大なエネルギーのようなものが発射され、エリート会社員を破壊してしまう。呆然とする蛇ヶ崎の前に、まん丸いフクロウが現れる。フクロウは毒山田惨死郎、通称ドクちゃんと名乗る。ドクちゃんによると、人間に寄生するマッドゼノパス(キチガエル)が街中にばらまかれたらしい。キチガエルは人間の抑圧された欲望を栄養とし、宿主を「壊人」にする。自我を失って凶暴化した壊人を倒すのが蛇ヶ崎の役目で、自分はその相棒なのだという。こうして蛇ヶ崎の平凡でつまらない日常は終わり、世界を救うため、異常で危険な使命を背負うことになった。
EN 🡆